2010年1月30日 (土)

<ブルーマ>コインの表と裏

街の人から「アルノラ」という女性が恋人に裏切られて困っているといううわさ話を聞くことができるので、彼女の家を訪ねると発生するクエストです。

アルノラによると、恋人であるジョランダーにだまされて犯罪の片棒を担がされ、さらにジョランダーはブルーマの牢獄に行ってしまって、稼いだ金がどこにあるか分からなくなってしまったという話を聞きます。このアルノラ、話しも見た目も、なんだかきな臭い女性です。

とりあえず彼女の依頼を受けたら、ブルーマの牢獄にいって、ジョランダーに話しかけます。面会するには衛兵に話しかければおkです。

P1010161

しかし、ジョランダーはこちらに疑いの目を向けていて、素直に話をしてくれません。好感度も意味がありません。彼が言うには、「牢獄に入るようなやつ」にしか話が出来ないんだそうです。

善行に努めているプレイヤーにはつらいところですが、クエスト完了のためにそこらへんの衛兵から盗みを働いてわざと捕まりましょう。身ぐるみはがされますが、服役期間がすぎればすべて元通りになります。(ただし、ステータスマイナスがあります=わたしの場合重装スキルがマイナス1になりました)

投獄先にジョランダーがいるので、彼に話しかけると、アルノラとは違った話を聞くことが出来ます。さらに「ティレリアス」なる怪しげな衛兵の名前も浮上してきます。

とりあえず彼がいうには、金の在処を教えてもらいたければ、アルノラを殺害し、彼女の持つアミュレットを持ち帰ってこいということです。

牢獄を出たら、アルノラのところにいき、ジョランダーの言葉をそのまま伝えると、彼女を殺害することなく、アルノラから彼女の「アミュレット」を渡されるので、それを持ってジョランダーのもとにいきます。

ジョランダーはすっかり信じ込んで、宝の在処を教えてくれるので、ブルーマの街の城壁外に向かいましょう。すると、先ほど話題にのぼった「ティレリアス」が待ちかまえています。

P1010165

彼はジョランダーの宝を横取りしよういろいろと先回りをしていたようで、アルノラも彼によって殺されてしまったようです。そして自分に戦いを挑んでくるので、倒してしまいましょう。宝を手に入れたら(中身はしょっぱいです)アルノラの生死を確認しに彼女の家に行くと、クエストが完了します。

報酬もしょぼい上に、投獄され、賞金もあがり、経歴に傷がつき、いままでやってきたなかでは、一番後味の悪いクエストのような気がします。


<ブルーマ>同志の裏切り

街をうろつきながらいろいろな人に話を聞いていると、ブルーマの住人であるブレイドン・リリアンが吸血鬼だということで、吸血鬼ハンターのレイニル・ドララスという人物に殺されたという話を聞くことが出来ます。しかし、ブレイドンはとても感じの良い人だったので、本当に吸血鬼だったとは信じられないという声もあり、真相を調べるためにこのクエストが発生します。

まずブレイドンの家に行きます。ベッドの上や地下に死体が転がっていて、その周りに衛兵と奥さんのアルラインがいます。衛兵はレドニルの言うことを信じており、ブレイドンが吸血鬼であると疑っていないようですが、奥さんは夫の無実を信じているという話を聞くので、レドニルについての調査を進めていきます。

まず、レイニルが泊まっているという宿屋「オラヴタップ」に行き、主人のオラヴに話しかけます。好感度70以上なければ情報を引き出すことが出来ないので、話術、魔法などで好感度をあげてから話しかけてください。

そしてオラヴから、レイニルが泊まっていたという部屋の鍵をたくされたら、彼の部屋を散策します。そこで、ゲレボーンの日記を見つけます。

Photo

日記を見つけたら再びオラヴに話しかけ、さらに日記を衛兵のカリウスに手渡します。

その後は彼の指示に従って動き、ボリアルストーン洞穴に向かい、レイニルに話しかけます。彼が真相を語ったあとは、戦闘になります。

P1010159

彼を倒すと洞窟内の水の中におちている宝箱をあける鍵をとることできるので、その宝箱から何の変哲もないアミュレットを持ち帰り、アルラインに話しかければクエスト完了です。報酬は、変哲のないアミュレットが変化した「しなやかさの魔除け」(=上昇速度8PT)という首飾りがもらえます。

2010年1月24日 (日)

<レヤウィン>救世主の涙

レヤウィンの魔術師ギルドでスドラッサ(フードをかぶったカジート)から受けることが出来るクエストです。

彼は魔術系のアイテム収集家で、伝説となっているクリスタル「ギャリダンの涙」を探だして持ってきてくれないかと依頼してきます。

まずスドラッサから、帝都の魔術師ギルドにいるジュリアン・ファニスに情報を聞いてみるように言われるので、帝都のアルケイン大学に向かいます。そしてジュリアンからギャリダンの涙についてかかれた本を読んでみるように勧められるので、ファースト書店に行って「悲運の騎士」というタイトルの本を購入しましょう。

本はギャリダンについて行った従者視点の物語で、フロストファイア凍土という場所にギャリダンが向かったという内容がかかれています。

フロストファイア凍土はブルーマ付近の山のなかにあり、地図にマーカーがされます。そしてそこに入るには「氷の塩鉱石」が必要とかかれているので、再びジュリアン・ファニスのもとにいき、彼女から氷の塩鉱石を購入します。塩鉱石は一つ持っていればおkですが、練金に使えるので全部購入しても良いと思います。

フロストファイア凍土は寒さでHP徐々にマイナスになってしまう場所なので、練金でHP体力回復の薬を作ってたくさん持って行くと良いと思います。

フロストファイア凍土への洞窟の最奥に扉があるので、そこで氷の塩鉱石を使い先に進むと、ギャリダンが氷付けになった場所に着くことが出来ます。

涙の在処はすごくわかりにくいのですが、地面が雪に覆われたフィールド上にあります。中心に氷漬けになったギャリダンがおり、その周辺に4つ落ちています。

Photo_3

あと1つは、大木をつたって氷漬けのギャリダン像に近づいて、足下を探せば落ちています。

ココ↓
Photo_5

5つ拾えばクエスト完了です。レヤウィンに戻ってスドラッサに持って行けば、報酬としてゴールドがもらえます。

<レヤウィン>神々が苦しめる者

レヤウィンの街をうろついてると、住人からロゼンティアの家から異臭がするという話を聞くことが出来るので、ロゼンティアの家に行きます。

ロゼンティアに話しかけると、彼女は怪しげな人物からアンティークの杖を購入したところ、その杖にはのろいがかかっていて、4体のスキャンプが召喚されてしまったということです。

スキャンプは杖の持ち主の後についてきて、殺してもまた復活するので、何とかしてほしいといこうとです。

依頼を受けるとまず、魔術師ギルドのアルヴェスから話を聞いてこいと言われるので、ギルドに行きます。

アルヴェスは、杖を処分するには、ダークファザム洞穴の祭壇にその杖を納めればいいと方法を教えてくれるので、ロゼンティアに報告してから、彼女のかわりに杖を受け取って、ダークファザム洞穴に向かいます。

杖を受け取ると、スキャンプ4体が後ろからついてきて、速度マイナス20というステータス制限を受けます。

Photo

少々動きが鈍くなりますが、洞窟内を最奥まですすんでいくと、大きな銅像のある祭壇にたどり着くので、そこに立ってアイテム欄から杖を捨てれば終了です。

Photo_2

ロゼンティアの元に戻って彼女に話しかければクエストが完了し、報酬として「エイドロンの刃の指輪」:防御スキル、刀剣スキルが9あがる、優秀なアクセサリーがもらえます。

2010年1月20日 (水)

<レヤウィン>白馬の騎士団

マゾーカのクエストをクリアすると発生するクエスト。

マリアス・カロ伯爵から、流浪の騎士となることをすすめられ、レヤウィンの悩みの種である山賊集団ブラックボウの首領「ブラックブルーゴ」を倒してくれば、白馬の騎士団の加入を認めてくれるというものです。

まずマゾーカに話しかけ、ブラックブルーゴの居場所を突き止めます。彼女の話では「テリーブ」という彼のアジトに、夜中から朝の8時の間に行けば奴がいるということです。地図にマーカーが出るので、指定の時間以内に「テリーブ」に向かいます。砦の周りには見張りが3人。中にはいると左側の部屋に3人の敵、右側に2人の敵がいるのですが、隠密をしてもマゾーカが突っ走っていくので、力業で始末したほうが良いと思います。右側の部屋の敵は、騒ぎに気がつかないので、後から始末すればオーケーです。

ブラックボウ団という名の通り、彼らからはぎとれるブラックボウという弓は、伯爵が1つ100ゴールドで買い取ってくれるので、はぎ取って持って行きましょう。

ブラックブルーゴは良い装備をしているので、忘れずにはぎ取りを。
ただし! 彼からもらえるブルーゴの鍵で、砦奥にある宝箱の中身「300G」と手紙を手に入れると、ステータス画面の「窃盗アイテム数」にきっちり300と記載されるので、
汚点がつくのがいやな人は宝箱を放置することをオススメします。
他の宝箱からアイテムをとるのは大丈夫です。

レヤウィン城に戻り伯爵に報告をすればクエストは完了となり、「白馬の騎士団」に加入して、流浪の騎士の称号を得ます。

さらにレヤウィンの盾:軽装備:付加なし。をもらえ、白馬山荘の鍵を渡されます。

白馬山荘はテリーブのすぐ近くにある小屋で、いつでも眠ることができ、マゾーカとお話しすることが出来ます。


«<レヤウィン>オークのマゾーカ